平家物語 巻第四 「還御 3」

2022-08-07 (日)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 10 日>(仏滅 壬辰 八白土星)立秋 Dennis Denise 第 31 週 第 26849 日 それからは上皇の周りに人が集まって、ちょっと園遊会の様な雰囲気といふか、リラックスした感じになった。上皇は「あの白い衣をまとった内…

平家物語 巻第四 「還御 2」

2022-08-06 (土)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 9 日>(先負 辛卯 九紫火星) Alfons Inez 第 31 週 第 26848 日 治承4年(1180年)3月29日、高倉上皇は御船に乗って京へお帰りになる。ところが風が激しく吹いたので、御船を漕ぎ戻し、厳島のうちのありの浦といふ…

平家物語 巻第四 「還御 1」

2022-08-05 (金)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 8 日>(友引 庚寅 一白水星)上弦 Ulrik Alrik 第 31 週 第 26847 日 治承4年(1180年)3月26日、高倉上皇は厳島へご参着になった。清盛の最愛の内侍の宿所にご滞在なさった。中二日ご逗留されて、その間に経文を書…

詩が生まれるとき

2022-08-04 (木)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 7 日>(先勝 己丑 二黒土星) Arne Arnold 第 31 週 第 26846 日 詩人・歌人・俳人たちはどんな風にして、どんな機会に創作の言葉が浮かぶのだらう。日経電子版で「散歩しながら詩を書かう」といふ記事があった。…

八月

2022-08-03 (水)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 6 日>(赤口 戊子 三碧木星) Tage 第 31 週 第 26845 日 八月は日本人に原爆や終戦を思はせる月だが、それは裏を返せば、戦後の平和であり続けた現実の上に成立する感慨でもあった。今年の八月は、明けて早々、何…

冷蔵庫の掃除

2022-08-02 (火)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 5 日>(大安 丁亥 四緑木星) Karin Kajsa 第 31 週 第 26844 日 毎週火曜日には、同居人と一緒にスーパーへ買出しに行く。火曜日と木曜日は高齢者には 5% の割引があるので、なるべく火曜日に1週間分の食料をま…

プールの楽しみ

2022-08-01 (月)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 4 日>(仏滅 丙戌 五黄土星) Per 第 31 週 第 26843 日 日本は暑いらしい。危険な暑さであるといふ。熱中症にならない様に気をつけないといけない。それにコロナも流行ってゐる。諸物価が値上げするといふ話も聞…

台湾が平和であります様に

2022-07-31 (日)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 3 日>(先負 乙酉 六白金星) Helena Elin 第 30 週 第 26842 日 ベロシ米下院議長がアジア歴訪を正式発表した。台湾を訪問するかどうかについては明言されてない。ロシアのウクライナ侵攻以来5ヶ月が過ぎ、世界…

Learning for all 活動報告会の感想

2022-07-30 (土)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 2 日>(友引 甲申 七赤金星) Algot 第 30 週 第 26841 日 Learning for all の活動報告会がオンラインであるといふので、朝早く起きて参加した。日本時間では午後1時からであるが、ヨーロッパ時間では朝6時からに…

電話とSMS

2022-07-29 (金)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 1 日>(先勝 癸未 八白土星)新月 Olof Olle 第 30 週 第 26840 日 電話器が発明された時は画期的な技術革新であったらうと思ふ。遠く離れた人とお話ができるなんて素晴らしいことだ。我が家に電話が引かれたのは…

「行ってらっしゃい」「行ってきます」

2022-07-28 (木)(令和4年壬寅)<旧暦 6 月 30 日>(大安 壬午 九紫火星) Botvid Seved 第 30 週 第 26839 日 朝家を出る時には「行ってきます」と言ひ、家に残る人は「行ってらっしゃい」と送り出す。ありふれた風景だが日本的な挨拶の言葉かもしれない。…

後白河院と清盛

2022-07-27 (水)(令和4年壬寅)<旧暦 6 月 29 日>(仏滅 辛巳 一白水星) Marta 第 30 週 第 26838 日 鳥羽法皇崩御(1156年)の後、京の都では保元の乱が起きた。3年後には平治の乱が起きた。これらの乱れた世を平定するために清盛をはじめとする平氏の活躍…

平家物語 巻第四 「厳島御幸 7」

2022-07-26 (火)(令和4年壬寅)<旧暦 6 月 28 日>(先負 庚辰 二黒土星) Jesper Jasmine 第 30 週 第 26837 日 どうやら上皇がお見えになったご様子ですと、成範の中納言がそれとなくお知らせ申し上げると、後白河法皇は寝殿の橋がくしの間にお移りになっ…

平家物語 巻第四 「厳島御幸 6」

2022-07-25 (月)(令和4年壬寅)<旧暦 6 月 27 日>(友引 己卯 三碧木星) Jakob 第 30 週 第 26836 日 高倉上皇は鳥羽殿の門前に着くとお車からお降りになった。門の内にお進みになると、人影はなく、あたりはこんもりとした木に覆はれて暗い。もの寂しいお…

孫はゲーム師 ー Pippi のすごろく

2022-07-24 (日)(令和4年壬寅)<旧暦 6 月 26 日>(先勝 戊寅 四緑木星) Kristina Kerstin 第 29 週 第 26835 日 同居人と娘と孫と僕の4人で Pippi のすごろくをした。そのゲームには正式な名前もあるのだが、感じがすごろくに似てゐたので、僕は簡単に Pi…

平家物語 巻第四 「厳島御幸 5」

2022-07-23 (土)(令和4年壬寅)<旧暦 6 月 25 日>(赤口 丁丑 五黄土星)大暑 Emma Emmy 第 29 週 第 26834 日 治承4年(1180年)3月18日、厳島への御幸の御門出として、高倉上皇は入道相国の西八条の亭へお入りになった(清盛は福原にゐるのだと思ふ)。その…

平家物語 巻第四 「厳島御幸 4」

2022-07-22 (金)(令和4年壬寅)<旧暦 6 月 24 日>(大安 丙子 六白金星) Magdalena Madeleine 第 29 週 第 26833 日 その年(治承4年(1180年))も3月上旬になると、高倉上皇が安芸国厳島へ御幸なさるらしいと噂が立った。古来、帝王が位を譲られて諸社へ御…

平家物語 巻第四 「厳島御幸 3」

2022-07-21 (木)(令和4年壬寅)<旧暦 6 月 23 日>(仏滅 乙亥 七赤金星) Johanna 第 29 週 第 26832 日 「幾ら何でも今回のご譲位は早過ぎやしないかい、新帝はまだ三つでゐらっしゃるのだよ」時の人々はこんな風に言ひあった。平大納言時忠卿は、新帝の乳…

平家物語 巻第四 「厳島御幸 2」

2022-07-20 (水)(令和4年壬寅)<旧暦 6 月 22 日>(先負 甲戌 八白土星)下弦 Margareta Greta 第 29 週 第 26831 日 皇室に代々伝はってゐるさまざまの御物は、それぞれの役人が受け取って、新帝の皇居である五條内裏に移された。五條内裏とは大納言邦綱の…

安倍氏国葬に賛否両論

2022-07-19 (火)(令和4年壬寅)<旧暦 6 月 21 日>(友引 癸酉 九紫火星) Sara 第 29 週 第 26830 日 政府は、参議院選挙遊説中に銃撃され死亡した安倍晋三元首相の国葬をこの秋に行ふ予定であると説明してゐる。これに対して、反対や懸念の声も聞かれると…

平家物語 巻第四 「厳島御幸 1」

2022-07-18 (月)(令和4年壬寅)<旧暦 6 月 20 日>(先勝 壬申 一白水星)海の日 Fredrik Fritz 第 29 週 第 26829 日 治承4年(1180年) 1月1日、鳥羽殿に幽閉された法皇様のところへ人が参賀に行くことを清盛は禁じた。法皇様の方でも遠慮なさってゐらっしゃ…

宗教の恐ろしさ

2022-07-17 (日)(令和4年壬寅)<旧暦 6 月 19 日>(赤口 辛未 二黒土星) Bruno 第 28 週 第 26828 日 宗教といふものは、人の魂を救ふことがある一方で、それだけにまた危険な場合がある。兼ねてから宗教には恐ろしい一面があることを感じてはゐたが、今回…

以心伝心

2022-07-16 (土)(令和4年壬寅)<旧暦 6 月 18 日>(大安 庚午 三碧木星) Reinhold Reine 第 28 週 第 26827 日 昨日は娘の方から電車で来てくれて、会ふのは二日連続になるけれども、今日は僕らの方から会ひに行った。どちらかといふと僕は家に居る方が好…

認知症の相談日

2022-07-15 (金)(令和4年壬寅)<旧暦 6 月 17 日>(仏滅 己巳 四緑木星) Ragnhild Ragnvald 第 28 週 第 26826 日 8年前の夏にスウェーデンの自分の家からデンマークを経由してドイツの Hamburg まで行ったことがある。ナビゲーターのついてない自動車で行…

物価高の夏

2022-07-14 (木)(令和4年壬寅)<旧暦 6 月 16 日>(先負 戊辰 五黄土星)満月 Kronprinsessans födelsedag Folke 第 28 週 第 26825 日 KPIF(消費者物価指数、詳しくいふと、住宅金利の変更による影響を含まない分といふことらしい。その条件をつけない消…

メールマガジン

2022-07-13 (水)(令和4年壬寅)<旧暦 6 月 15 日>(友引 丁卯 六白金星) Joel Judit 第 28 週 第 26824 日 色々なメールマガジンを取ってゐる。中には有料のものもある。だが、購読するメールマガジンの数が余りに多いと、毎日のメールチェックだけにかな…

スウェーデン語の中のアクサン・テギュ

2022-07-12 (火)(令和4年壬寅)<旧暦 6 月 14 日>(先勝 丙寅 七赤金星) Herman Hermine 第 28 週 第 26823 日 スウェーデン語には英語のアルファベット26文字の他に、Å, Ä, Ö (小文字は å, ä. ö) の3文字がある。それで、毎日使ふコンピュータも、随分古…

内村鑑三の失望

2022-07-11 (月)(令和4年壬寅)<旧暦 6 月 13 日>(赤口 乙丑 八白土星) Eleonora Ellinor 第 28 週 第 26822 日 内村鑑三は明治17年、アメリカに留学した時、希望に胸を膨らませて海を渡った。そこはそれまで自分が学んだキリスト教の行き渡った、憧れ…

参議院選挙の結果

2022-07-10 (日)(令和4年壬寅)<旧暦 6 月 12 日>(大安 甲子 九紫火星) André Andrea 第 27 週 第 26821 日 日本では参議院選挙が済んで、即日開票の結果では自民党が票を伸ばしたようである。これを機に、憲法改正の動きが再燃しなければ良いがと思ふ。…

鷗外忌

2022-07-09 (土)(令和4年壬寅)<旧暦 6 月 11 日>(仏滅 癸亥 九紫火星) Jörgen Örjan 第 27 週 第 26820 日 森鷗外が亡くなって今日は百年目。森鷗外は夏に、夏目漱石は冬に亡くなった。いづれも亡くなったのは大正年間であるが明治時代の代表的な文豪で…