人生の大問題

2022-09-02 (金)(令和4年壬寅)<旧暦 8 月 7 日>(友引 戊午 九紫火星) Justus Justina 第 35 週 第 26869 日 「しあはせは歩いて来ない」といふ歌がある。なぜ歩いて来てくれないのかといふと、結局自分に欲望があるからだ。僕は73になった今でも欲望の塊…

ゴルバチョフ氏の逝去

2022-09-01 (木)(令和4年壬寅)<旧暦 8 月 6 日>(先勝 丁巳 一白水星)二百十日 Samuel Sam 第 35 週 第 26868 日 8月末に亡くなったゴルバチョフ氏に関するニュースは日本でもスウェーデンでも大きく取り上げられた。そのことによって、その人の生前為し…

Try to Remember

2022-08-31 (水)(令和4年壬寅)<旧暦 8 月 5 日>(赤口 丙辰 二黒土星) Arvid Vidar 第 35 週 第 26867 日 明日から九月である。この季節になると、何となく ”Try to Remember” といふ歌を思ひだす。ウエブ上の英語表現辞典で訳語を調べると「忘れないよう…

世の矛盾

2022-08-30 (火)(令和4年壬寅)<旧暦 8 月 4 日>(大安 乙卯 三碧木星) Albert Albertina 第 35 週 第 26866 日 「光は波でもあるし、粒子でもあるのだよ」といふ話は高校時代の物理で習ったと思ふ。なんだかその実体をつかむのが難しかったが、「わからな…

世の中は非対称だ

2022-08-29 (月)(令和4年壬寅)<旧暦 8 月 3 日>(仏滅 甲寅 四緑木星) Hans Hampus 第 35 週 第 26865 日 何につけても世の中は非対称だ。「どんなに身近に運の良い人がゐても、私は決してその人を妬んだりしない」と自分に言ひ聞かせるのだが、自分がそ…

プーチンの祖国愛と安倍元首相の戦後レジームからの脱却は似てゐる

2022-08-28 (日)(令和4年壬寅)<旧暦 8 月 2 日>(先負 癸丑 五黄土星) Fatima Leila 第 34 週 第 26864 日 今年2月24日に始まったウクライナへの侵攻で、プーチンの評価は世界的に一斉に下がったけれども、プーチンにしてみれば、多分、自分なりの価値観…

平家物語 巻第四 「源氏揃 5」

2022-08-27 (土)(令和4年壬寅)<旧暦 8 月 1 日>(友引 壬子 六白金星)新月 Rolf Raoul 第 34 週 第 26863 日 その頃、熊野に別当湛増といふ人がゐた。右大臣源師輔の子孫で、この家は代々熊野の別当(社寺などの長官)の役目を引き受けてきた。この人は平…

平家物語 巻第四 「源氏揃 4」

2022-08-26 (金)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 29 日>(大安 辛亥 七赤金星) Östen 第 34 週 第 26862 日 高倉の宮(以仁王)は、源頼政が言ひ出したことはあまりなことであったので、しばしはお聞き入れになることもなかった。阿古丸大納言宗通卿の孫で、備後…

平家物語 巻第四 「源氏揃 3」

2022-08-25 (木)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 28 日>(仏滅 庚戌 八白土星) Lovisa Louise 第 34 週 第 26861 日 源三位入道頼政はさらに言葉を続けて、全国に散じてゐる源氏の残党の状況について、以仁王に申し上げるのであった。 「まづ京都には、出羽前司…

ウクライナ侵攻半年

2022-08-24 (水)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 27 日>(先負 己酉 九紫火星) Bartolomeus 第 34 週 第 26860 日 日本は過去に、してはならない戦争をしてしまった。戦争の悲惨を体験した人々は「戦争だけはどんな事があってもやっちゃいけない」と口々に語った…

粗大ゴミの日

2022-08-23 (火)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 26 日>(友引 戊申 一白水星)処暑 Signe Signhild 第 34 週 第 26859 日 久しぶりで粗大ゴミの日。夏の間は巡回してくれなかったが、秋になって収集に来てくれる時期が始まった様である。特に出すべき粗大ゴミは…

同居人の同窓生

2022-08-22 (月)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 25 日>(先勝 丁未 二黒土星) Henrietta Henrika 第 34 週 第 26858 日 コロナ時代の年金生活の毎日は同じことの繰り返しで、結構単調である。が、そのことは苦でもないし、退屈といふわけでもない。さうではある…

平家物語 巻第四 「源氏揃 2」

2022-08-21 (日)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 24 日>(赤口 丙午 三碧木星) Jon Jonna 第 33 週 第 26857 日 その頃、近衛河原に住んでゐた源三位入道頼政は、ある夜ひそかに高倉の宮の御所にやって来て、おそろしいこと(とてつもないこと)を告げるのであっ…

平家物語 巻第四 「源氏揃 1」

2022-08-20 (土)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 23 日>(大安 乙巳 四緑木星) Bernhard Bernt 第 33 週 第 26856 日 蔵人衛門権佐定長は、今回の安徳帝の御即位が、乱れることもなく無事執り行はれたそのめでたいご様子を鳥の子紙10枚に細々と書き記した。それ…

Apple 製品の脆弱性のニュース

2022-08-19 (金)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 22 日>(仏滅 甲辰 五黄土星)下弦 Magnus Måns 第 33 週 第 26855 日 今日のスウェーデンのニュースでちょっと気になったのは、Apple の製品に脆弱性があるといふ発表であった。Apple 自身が発表したものなので、…

夏に 雪のある風景を思ふ

2022-08-18 (木)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 21 日>(先負 癸卯 六白金星) Ellen Lena 第 33 週 第 26854 日 深い雪に埋もれる様に佇む家の風景を思ふことがある。インターネットはもちろん、テレビもラジオもなく、新聞も来ない。春になって雪が溶けるまで…

高騰する電気料金

2022-08-17 (水)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 20 日>(友引 壬寅 七赤金星) Verner Valter 第 33 週 第 26853 日 世界的な傾向なのであらうが、ニュースによると、スウェーデンの電気料金が跳ね上がってゐる。家計の中に占める電気料金は大丈夫なのだらうかと…

Weekday の Stockholm

2022-08-16 (火)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 19 日>(先勝 辛丑 八白土星) Brynolf 第 33 週 第 268538 日 Stockholm へ出かけるのは殆ど週末なのだが、今日は例外的に行ってみた。週末とは少し様子が違ふ。いづれかの道路を使って都心部に入るときに上の方…

終戦の日

2022-08-15 (月)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 18 日>(赤口 庚子 九紫火星) Stella Estelle 第 33 週 第 268537 日 昭和天皇のお声による終戦の詔がラジオから流れたのは77年前の今日の正午であった。昭和20年(1945年) 当時のラジオ放送は音質も悪く、またお…

海辺のフィーカ

2022-08-14 (日)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 17 日>(大安 己亥 一白水星) Uno 第 32 週 第 268536 日 町の中心部から3キロメートルほど東に行った海辺に屋外喫茶店 (Café Ängstugan) がある。静かな海を眺めながらフィーカができる場所であるので、今日は同…

男社会のルーツ

2022-08-13 (土)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 16 日>(仏滅 戊戌 二黒土星) Kaj 第 32 週 第 268535 日 「古代のユダヤ人は日本に渡来し、日本人の祖先となった」といふ説が、かなり前からあるやうである。そんなことを言はれても簡単には信じられないし、鵜…

家の系図とお墓

2022-08-12 (金)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 15 日>(先負 丁酉 三碧木星)満月 Klara 第 32 週 第 268534 日 保守の本質って、結局自分の生まれた家のお墓を守ることにあるのかなと思ふことがある。僕は宗教的な心を持った人間であるつもりだけれども、命を…

カタカナの不思議

2022-08-11 (木)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 14 日>(友引 丙申 四緑木星)山の日 Susanna 第 32 週 第 26853 日 現代日本語は、古くからのやまとことば(ひらがなで書く)、漢語(漢字で書く)、ヨーロッパ語など(カタカナで書く)といふ三つの源の違ふ単語…

核兵器廃絶に向けて

2022-08-10 (水)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 13 日>(先勝 乙未 五黄土星) Lars 第 32 週 第 26852 日 6日の広島の日が過ぎ、9日の長崎の日も過ぎた。今年は両市に原爆が投下されてから77年である。毎年、犠牲者の慰霊のために手を合はせることを繰り返して…

平家物語 巻第四 「還御 5」

2022-08-09 (火)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 12 日>(赤口 甲午 六白金星) Roland 第 32 週 第 26851 日 高倉上皇が厳島御幸からお帰りになって間もなく、治承4年(1180年)4月22日、新帝(安徳帝、今年3歳)がいよいよ御即位された。大極殿(大内裏八省院の正…

平家物語 巻第四 「還御 4」

2022-08-08 (月)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 11 日>(大安 癸巳 七赤金星) Silvia Sylvia Drottnings namnsdag 第 32 週 第 26850 日 治承4年(1180年)4月5日、高倉上皇は御船に乗って、備前国・小嶋の泊(岡山県児島郡)からさらに京を目指された。この日は…

平家物語 巻第四 「還御 3」

2022-08-07 (日)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 10 日>(仏滅 壬辰 八白土星)立秋 Dennis Denise 第 31 週 第 26849 日 それからは上皇の周りに人が集まって、ちょっと園遊会の様な雰囲気といふか、リラックスした感じになった。上皇は「あの白い衣をまとった内…

平家物語 巻第四 「還御 2」

2022-08-06 (土)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 9 日>(先負 辛卯 九紫火星) Alfons Inez 第 31 週 第 26848 日 治承4年(1180年)3月29日、高倉上皇は御船に乗って京へお帰りになる。ところが風が激しく吹いたので、御船を漕ぎ戻し、厳島のうちのありの浦といふ…

平家物語 巻第四 「還御 1」

2022-08-05 (金)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 8 日>(友引 庚寅 一白水星)上弦 Ulrik Alrik 第 31 週 第 26847 日 治承4年(1180年)3月26日、高倉上皇は厳島へご参着になった。清盛の最愛の内侍の宿所にご滞在なさった。中二日ご逗留されて、その間に経文を書…

詩が生まれるとき

2022-08-04 (木)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 7 日>(先勝 己丑 二黒土星) Arne Arnold 第 31 週 第 26846 日 詩人・歌人・俳人たちはどんな風にして、どんな機会に創作の言葉が浮かぶのだらう。日経電子版で「散歩しながら詩を書かう」といふ記事があった。…