この頃の世の中について思ふこと

核兵器廃絶に向けて

2022-08-10 (水)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 13 日>(先勝 乙未 五黄土星) Lars 第 32 週 第 26852 日 6日の広島の日が過ぎ、9日の長崎の日も過ぎた。今年は両市に原爆が投下されてから77年である。毎年、犠牲者の慰霊のために手を合はせることを繰り返して…

台湾が平和であります様に

2022-07-31 (日)(令和4年壬寅)<旧暦 7 月 3 日>(先負 乙酉 六白金星) Helena Elin 第 30 週 第 26842 日 ベロシ米下院議長がアジア歴訪を正式発表した。台湾を訪問するかどうかについては明言されてない。ロシアのウクライナ侵攻以来5ヶ月が過ぎ、世界…

安倍氏国葬に賛否両論

2022-07-19 (火)(令和4年壬寅)<旧暦 6 月 21 日>(友引 癸酉 九紫火星) Sara 第 29 週 第 26830 日 政府は、参議院選挙遊説中に銃撃され死亡した安倍晋三元首相の国葬をこの秋に行ふ予定であると説明してゐる。これに対して、反対や懸念の声も聞かれると…

宗教の恐ろしさ

2022-07-17 (日)(令和4年壬寅)<旧暦 6 月 19 日>(赤口 辛未 二黒土星) Bruno 第 28 週 第 26828 日 宗教といふものは、人の魂を救ふことがある一方で、それだけにまた危険な場合がある。兼ねてから宗教には恐ろしい一面があることを感じてはゐたが、今回…

内村鑑三の失望

2022-07-11 (月)(令和4年壬寅)<旧暦 6 月 13 日>(赤口 乙丑 八白土星) Eleonora Ellinor 第 28 週 第 26822 日 内村鑑三は明治17年、アメリカに留学した時、希望に胸を膨らませて海を渡った。そこはそれまで自分が学んだキリスト教の行き渡った、憧れ…

安倍元首相への銃撃事件

2022-07-08 (金)(令和4年壬寅)<旧暦 6 月 10 日>(先負 壬戌 八白土星) Kjell 第 27 週 第 26819 日 夜来から枕元のスマホにポンポンと通知が来て、見れば安倍元首相が襲撃されたニュース。もうビックリ。スウェーデンの夕方のニュースでもトップニュース…

エリートたちの挫折

2022-07-01 (金)(令和4年壬寅)<旧暦 6 月 3 日>(友引 乙卯 一白水星) Aron Mirjam 第 26 週 第 26812 日 小さい頃は、ともかく勉強のよくできる人は尊敬の対象だった。自分で頑張ってもなかなかできる様にならないのに、この人がこれだけできるのは、き…

あふり運転の判決

2022-06-07 (火)(令和4年壬寅)<旧暦 5 月 9 日>(先勝 辛卯 四緑木星)上弦 Robert Robin 第 23 週 第 26788 日 横浜地裁であふり運転の判決が出た。かういふことで裁判で争はねばならないのは現代の不幸ではあるまいか。あふり運転をした人間は忍耐といふ…

戻ってこなかった間違ひ振込

2022-05-21 (土)(令和4年壬寅)<旧暦 4 月 21 日>(赤口 甲戌 五黄土星)小満 Konstantin Conny 第 20 週 第 26771 日 デジタル時代には昔はなかった事件が起きる。山口県で、新型コロナウイルス関係の臨時特別給付金の463世帯分がひとりの銀行口座に振り込…

終末論

2022-04-19 (火)(令和4年壬寅)<旧暦 3 月 19 日>(先負 壬寅 九紫火星) Olaus Ola 第 16 週 第 26739 日 末法思想は仏教のものだが、キリスト教には終末思想がある。つまり、この世にはいつか終はりがきて、キリストが地上の裁きのために天国から再臨する…

末法思想

2022-04-18 (月)(令和4年壬寅)<旧暦 3 月 18 日>(友引 辛丑 八白土星) Annandag Påsk Valdemar Volmar 第 16 週 第 26738 日 平家物語を読むと、ところどころに「末法の世」と言ふ言葉が出てくる。末法思想とは、釈尊の入滅後、年代が経つにつれて正しい…

ウクライナは今日も

2022-02-25 (金)(令和4年壬寅)<旧暦 1 月 25 日>(先勝 己酉 一白水星) Sigvard Sivert 第 8 週 第 26686 日 ロシアによるウクライナ侵攻は、いま世界中の大ニュースだが、スウェーデンでは特に大きく取り上げられてゐる。国民の記憶の中にロシアの恐ろし…

ロシア軍のウクライナ侵攻開始

2022-02-24 (木)(令和4年壬寅)<旧暦 1 月 24 日>(赤口 戊申 九紫火星)下弦 Mattias Mats 第 8 週 第 26685 日 今日といふ日を僕は普通に過ごした。普通にプールに行ったりもした。そんな普通の生活の記録をブログに書き留めるのはなんだか気がひけるよう…

NATO は解散できないのか

2022-02-19 (土)(令和4年壬寅)<旧暦 1 月 19 日>(先勝 癸卯 四緑木星)雨水 Gabriella Ella 第 7 週 第 26680 日 ウクライナの緊張が一段と高まってゐる。この緊張を緩和するためには NATO を解散するのが一番良いのではないかと思ふ。ウクライナは NATO …

緊迫するウクライナ情勢

2022-02-11 (金)(令和4年壬寅)<旧暦 1 月 11 日>(大安 乙未 五黄土星)建国記念の日 Yngve Inge 第 6 週 第 26672 日 テレビニュースに映る映像は国によって様子が違ふような印象がある。それぞれのテレビ局は独自の特派員を送るのではなくて、多分現地に…

自民党の総裁選

2021-09-08 (水)(令和3年辛丑)<旧暦 8 月 2 日> (先負 己未 八白土星) Alma Hulda 第 36 週 第 26506 日 最近自民党の総裁選に関するニュースを見る。このような大変な時期に総裁になろうとする人の気がしれないが、誰かはなってくれなければ困るので、…

アメリカのアフガニスタンからの撤退

2021-09-06 (月)(令和3年辛丑)<旧暦 7 月 30 日> (赤口 丁巳 一白水星) Lilian Lilly 第 36 週 第 26504 日 アメリカのバイデン大統領が8月にアフガニスタンからの米軍の撤退を決めて、これをきっかけにタリバンは勢力を盛り返して一気に首都カプールを…

いつの時代がベストか

2021-07-20 (火)(令和3年辛丑)<旧暦 6 月 11 日> (仏滅 己巳 四緑木星) Margareta Greta 第 29 週 第 26456 日 今から60年ほど前には、海はさほど汚れてゐなかった。海の水は昔も今もショッパいが、昔の海水のショッパさには舌をつく新鮮な刺激があった…

年金と生活保護

2021-07-09 (金)(令和3年辛丑)<旧暦 5 月 30 日> (仏滅 戊午 四緑木星) Jörgrn Örjan 第 27 週 第 26445 日 年金といふものは本当にありがたい、よくできたものと思ふ。働きもせずにいただいて申し訳ないと思ふ。「若い時にしっかり働いたのだからそれは…

プライバシー

2021-06-10 (木)(令和3年辛丑)<旧暦 5 月 1 日> (大安 己丑 二黒土星)新月 Svante Boris 第 23 週 第 26416 日 プライバシーの何が大事なのかと思ふことがある。昔に比べれば、今はプライバシーの保護が随分やかましく言はれるようになった。でもそれで…

多様性について

2021-06-08 (火)(令和3年辛丑)<旧暦 4 月 28 日> (先勝 丁亥 九紫火星) Eivor Majvor 第 23 週 第 26414 日 同性婚に僕は反対ではない。人それぞれに愛の形があって良いと思ふ。ネットで見ると、LGBTsへの理解を促進するための法案について色々な意見が…

不平解消の方法

2021-05-09 (日)(令和3年辛丑)<旧暦 3 月 28 日> (赤口 丁巳 六白金星) Reidar Reidun 第 18 週 第 26384 日 昨日のブログで、平家の隆盛に不満であった摂関家の人々のうち、新大納言・藤原成親卿は謀反に参加し、徳大寺殿實定卿は厳島神社に詣でること…

もうバブルなのか

2021-03-05 (金)(令和3年辛丑)<旧暦 1 月 22 日> (仏滅 壬子 四緑木星)啓蟄 Tora Tove 第 9 週 第 26320 日 コロナのせいで航空会社や観光関連の会社は大変だと聞いてゐるが、その割には全体としての経済の動きは活発である様に見える。業界によってはも…

言ひたい奴には言はせておけ

2021-02-10 (水)(令和3年辛丑)<旧暦 12 月 29 日> (仏滅 己丑 八白土星) Iris 第 6 週 第 26297 日 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森会長が女性蔑視の発言をしたことで、この頃、ネットが騒がしい。僕はこの様なことで世の中が騒ぐのがど…

教訓状の感想

2021-02-02 (火)(令和3年辛丑)<旧暦 12 月 21 日> (友引 辛巳 九紫火星)節分 Kyndelsmässodagen 第 5 週 第 26289 日 昨日のブログを書いた時、平重盛のあの明快な教訓は、鎌倉時代以降これまでにどれだけ多くの日本人たちの共感をそそってきたことだろ…

世界はいつだって激動期

2021-01-30 (土)(令和3年辛丑)<旧暦 12 月 18 日> (大安 戊寅 六白金星) Gunilla Gunhild 第 4 週 第 26286 日 世の中が変はるといふのは、つまり個人にとって、良い方向に変はるのか悪い方向に変はるのかが気になるところではある。コロナを機に、良い…

座間事件、死刑にしても何も解決しないのでは

2020-12-15 (火)(令和2年庚子)<旧暦 11 月 1 日> (大安 壬辰 五黄土星)新月 Gottfrid 第 51 週 第 26240 日 座間9人殺害事件の被告に死刑判決が出た。だが、死刑にしても問題は何も解決しないのではないかと思ふ。僕らは文明社会の中にゐるからあまり気…

これからの職業選び

2020-05-08 (金)(令和2年庚子)<旧暦 4 月 16 日> (先勝 辛亥 六白金星) Åke 第 19 週 第 26019 日 コロナ禍で世の中がひっくり返ると、若い人の、これからどんな職業につきたいかを考へるにも変化があるかもしれない。例へばパイロット。これまでは飛行…

鉄道会社も大変とは思ふけど

2020-05-07 (木)(令和2年庚子)<旧暦 4 月 15 日> (赤口 庚戌 五黄土星)満月 Carina Carita 第 19 週 第 26018 日 2007年に愛知県で認知症の高齢者が徘徊して線路内に立ち入り、列車に跳ねられて死亡した。JR東海はその遺族に対して振替輸送費などの損害…

V字回復は可能か

2020-05-02 (土)(令和2年庚子)<旧暦 4 月 10 日> (先勝 乙巳 九紫火星) Filip Filippa 第 18 週 第 26013 日 コロナ危機がこの先、何年かかってどの様に収束するのかよく見えない。「夢よもう一度」とばかりに経済のV字回復を期待する人も多いと思ふが、…