平家物語「御産 2」

2021-09-25 (土)(令和3年辛丑)<旧暦 8 月 19 日> (友引 丙子 九紫火星) Tryggve 第 38 週 第 26523 日

 

もしも御産が無事にすむのなら、京都付近の有力な神社である八幡・平野・大原野などへ行啓いたしますと、願ひが立てられた(行啓とは太皇太后、皇太后、皇后、皇太子、皇太子妃、皇太孫が外出すること)。全玄法印がその立願の文書を謹んで読み上げた。神社は伊勢大神宮をはじめとして二十余ヶ所、仏寺は東大寺興福寺をはじめとして十六ヶ所で経文が読まれた。その御誦経のお使ひは、中宮に出入りする家人の中で官位を持ったものがつとめた。平文(ひゃうもん)の狩衣に帯剣したものどもが、誦経のためのお布施、御剣、御衣を持って、次々に東の対より南庭をわたって西の中門に出る。その寝殿造の建物を巡る行列は立派で、見ものであった。

平重盛はちょっとしたことでは騒がないお人柄であったので、十分間を置いてから、長男の権亮少将(維盛)以下多くのものを先にやってから、色々の衣を四十領、銀剣七をお盆に乗せて、神へ奉納する馬十二頭を引いてその場に参上した。一条天皇の寛弘年間に、中宮彰子が御産の時に父の藤原道長が馬を献上した例がある。その例に倣って献上したものであった。重盛は中宮の兄である上に、清盛とは父子の間柄であるので、御馬を献上するのも道理である。この他に五條大納言邦綱卿が二頭の御馬を献上した。誠意が行き届いたと云ふことなのか、それともあの人はお金持ちだから身代が有り余ってのことなのか、と人々は言ひあった。なを伊勢より始めて、安芸の厳島に到るまで、七十余ヶ所へ神馬を立てられた。宮中でも、馬寮(馬のことを司る役所)の御馬に御幣をつけて数十頭を引き立てた。仁和寺の御室は孔雀経の法、天台座主覚快法親王は七仏薬師の法、三井寺の長吏圓惠法親王は金剛童子の法、そのほか、五大虚空蔵・六観音一字金輪・五壇法、六字加輪・八字文殊、普賢延命にいたるまで、ありとあらゆる仏様に祈りが続けられた。護摩の煙は御所中に満ち、鈴の音は雲をひびかし、その祈りを唱へる声は聞く人にはぞうっとするほどで、どのような物の怪であっても、向かって来られるような雰囲気ではなかった。さらに仏師達の住む町の高位の僧に命じて、御身等身の七仏薬師、ならびに五大尊の像を作り始めたのだった。

f:id:sveski:20210926040946j:plain

森が近くにあるのはありがたい

 

ソドムを滅ぼした「天の火」の正体

2021-09-24 (金)(令和3年辛丑)<旧暦 8 月 18 日> (先勝 乙亥 一白水星) Gerhard Gert 第 38 週 第 26522 日

 

22日の朝日新聞デジタルに、「「天の火」で滅亡した都市ソドムか?」と云ふ記事があった。旧約聖書には、ソドムの町が天の火で滅んだと云ふ記事がある。その町にはアブラハムの甥ロトが住んでゐた。ソドムの町の乱れようがあまりにもひどかったものだから、それを滅ぼすために、神の使ひが旅人の姿で現地を訪れた。旅人はロトとその家族に「逃げよ」と促す。ただし、「うしろを振り向いてはいけない」とも言った。ロトと家族は直ちに山に向かって逃げたが、ロトの妻は後ろを見てしまふ。町は雷光と硫黄の雨の中で燃えてゐた。たちまち彼女は塩の柱と化した。この物語は、イザナギが亡くなった妻イザナミに会ひたくて黄泉の国に行ったと云ふ話の中で、イザナミを連れてこの世に戻ろうとしたその時、イザナミから「私を見てはダメよ」と言はれたのに見てしまった話を思ひ出させる。話がそれたが、ソドムの町を滅ぼした天の火は、実は大きな隕石が落ちて来て空中爆発したのではないかと、科学者たちが発表したとのことである。その出来事が長年にわたって、人々の口述によって伝承され、旧約聖書に取り込まれた可能性があるとのことである。ちょっと興奮するニュースだと思った。日本の古事記にも、昔火山の大爆発があった後の様子を彷彿とさせるエピソードが散見されると云ふ指摘を何かの本で読んだことがある。隕石の落下にせよ、火山爆発にせよ、津波襲来にせよ、もし大災害が起きれば、善人も悪人も皆一様に滅ぼされてしまふ。

f:id:sveski:20210925050950j:plain

散歩の途中の公園で

 

堀江真理子バイオリンコンサート

2021-09-23 (木)(令和3年辛丑)<旧暦 8 月 17 日> (赤口 甲戌 二黒土星秋分 Tekla Tea 第 38 週 第 26521 日

 

スウェーデンの暦では昨日が秋分の日であったが、日本では今日が秋分の日。と言っても、地球が公転軌道上で秋分点を通過する時刻は同じである。その時刻が日本時間では23日になってから、スウェーデン時間ではまだ22日のうちのことなので、暦の上ではスウェーデンの方が一日早く秋分の日を迎えたように見えてしまふのである。この日、スウェーデンでは祝日ではない。ところで、僕の従兄弟の娘さんに堀江真理子と云ふバイオリニストがゐて、今日はそのオンラインコンサートがあったので僕も拝聴した。こちらの時間では朝8時から同時配信された。ピアノは堀部ともよ。曲名をあげておくと、バッハ:無伴奏バイオリンソナタ第1番アダージョルクレール:バイオリンソナタ op.9-3、シューマン子供の情景 op.15 から3曲(ピアノソロ)、ブラームス:バイオリンソナタ第1番 雨の歌 第1楽章、マスネ:タイスの瞑想曲、モンティ:チャルダーシュであった。ブラームスの雨の歌などはかなりの熱演であったが、できれば第2楽章、第3楽章も続けて聞きたいところであった。また、プログラムの最後には、「とどけ」と云ふ曲が演奏された。この曲は、国立成育医療研究センターの田中恭子さんが歌詞の原案を作り、作曲は Uta、作詞は Uta、かがやきく、編曲 兼松衆とのことで、もともとNHKエンタープライズが製作したビデオなのだが、それを聞いた堀江真理子さんは、これは私の演奏すべき曲だと直感して、10日前に急遽、プログラムに追加したさうである。現代の疲弊した心を持つ人々に届いて欲しいと願ひを込めて演奏されてゐる様子がよくわかった。このコンサートはガーデンカフェときそらYouTubeライブ配信(限定公開)であった。

f:id:sveski:20210924045817j:plain

秋分の日にはお日さまは真西に沈む

 

平家物語「御産 1」

2021-09-22 (水)(令和3年辛丑)<旧暦 8 月 16 日> (大安 癸酉 三碧木星) Höstdagjämningen Maurits Moritz 第 38 週 第 26520 日

 

俊寛ひとりは置き去りにされたけれども、丹波少将と康頼入道の二人は鬼界ヶ島を後にして、平教盛の領地である肥前国鹿瀬庄に着いた。宰相である平教盛は、京から使ひを出して、「年内は波風が激しく、旅の途中も気がかりです。そこでよくよく静養をして、春になって暖かくなってから京に上りなさい。」と伝へた。それで少将は鹿瀬庄で年末を過ごすことになった。

その同じ年(治承2年(1178))11月12日午前4時頃から中宮に御産のきざしがみられるご様子となり、京中六波羅には人が集まって大騒ぎになった。御産所は六波羅池殿(清盛の弟頼盛の邸)であったが、後白河院もそこにゐらっしゃった。関白藤原基房をはじめとして、太政大臣藤原師長以下の公卿殿上人、世に人と数へられるほどの人、官位の昇進に望みをかけ、何かの官職を持ってゐる程度の人で来なかった人はひとりもなかった。先例によれば、女御后御産の時にのぞんで大赦が行はれることがあった。その例にならって、今度も重科の輩が多数許されたのであるが、その中に俊寛僧都ただひとり赦免がなかったのは可哀想なことであった。

f:id:sveski:20210923035302j:plain

Stockholmsvägen にて

 

粗大ゴミの日

2021-09-21 (火)(令和3年辛丑)<旧暦 8 月 15 日> (仏滅 壬申 四緑木星)満月 Matteus 第 38 週 第 26519 日

 

粗大ゴミを集めに来てくれる日である。月に一度ほど来てくれるのはかなり頻繁に来てくれる方だと思ふ。それも5時間も滞在してくれるのがありがたい。粗大ゴミの日は他の予定を返上して家の整理をすることにしてゐる。家の中に整理しなければならないところはたくさんあるのだが、いつも手付かずで終はってゐる。今日は小屋の整理を少しやった。オーディオやコンピュータの付属ケーブルやACアダプターなどが種類も多くたくさんあったが、それらをほとんど捨てた。歳をとると、だんだん思ひ切って棄てられるようになるものだ。極端な話、今日と云ふ日は我が人生の終はりの日なりと思へば、何でも捨てられるような気がする。毎日家に居るだけの生活なら、家の整理などいつでもできさうなものだが、それがなかなかできないのである。粗大ゴミの日にそれをやるのは我ながら良い思ひ付きであると思ふ。

f:id:sveski:20210922051438j:plain

三歩歩めば三歩の秋、五歩歩めば五歩の秋。

 

さよならパラボラ

2021-09-20 (月)(令和3年辛丑)<旧暦 8 月 14 日> (先負 辛未 五黄土星敬老の日 Elise Lisa 第 38 週 第 26518 日

 

ヨーロッパで日本のテレビ放送を見るために JSTV がある。我が家では1990年代の半ばごろに加入した。受信のためにはパラボラアンテナが必要であった。集合住宅に住んでゐるので、個人のアンテナを設置するのは本当はダメなのかもしれないが、そこは大目に見てもらってアンテナを取り付けた。ニュース番組の他にNHK大河ドラマなども見ることができた。幾年かを過ぎて2014年であったか、JSTVの受信契約を解約した。ニュース番組などのNHK国際放送に限るなら受信契約がなくても視聴できたのだが、それもいつか見なくなった。今はもう忘れ去られたように集合住宅の屋根にアンテナが残ってゐる。スウェーデンに来て長年住み慣れたこのアパートを同居人と僕とはどんな形で去ることになるのかなと思ふことがある。その時になって使はないアンテナを置き去りにしては周囲の迷惑になってしまふ。身体が動くうちに撤去すべきではないか、さう思って、撤去作業を請け負ってくれさうな会社を探して頼んだ。今日、二人の作業員が来てくれて、アンテナを撤去してくれた。感じの良い人たちであったが、二人の間で交はされる言葉はよその国の知らない言葉であった。ともかくもアンテナは無事に撤去できて少し安心した。

f:id:sveski:20210922043354j:plain

森の中には秋の色が所々に見受けられる

 

Stockholm へ行く

2021-09-19 (日)(令和3年辛丑)<旧暦 8 月 13 日> (友引 庚午 六白金星) Fredrika 第 37 週 第 26517 日

 

同居人と一緒に Stockholm へ行った。行きは時々雨が降った。もう随分と寒さを感じる季節になってしまった。教会の選挙の日で、たまたま行き過ぎた教会の前には列ができてゐた。僕は娘にスウェーデン語を見てもらひたくて、少し時間を割いてもらった。それから孫がダンス教室か何かに行くのにその場所へ送って行ったりした。同居人は孫とよく遊んだ。夕食は5人で食べた。ちょっと楽しい一日であった。

f:id:sveski:20210920045047j:plain

Wallenstam と云ふ不動産会社の前にある「2匹のアリ」と云ふ作品。作者は Torgny Larsson。