Stockholm - Skavsta 空港

2019-09-20 (金)(令和元年己亥)<旧暦 8 月 22 日>(大安 庚申 一白水星)Elise Lisa 第 38週 第 25789 日

 

Ryanair といふ航空会社がある。ライアンエアーと呼ぶ。アイルランドの航空会社である。インドネシアの航空会社ライオンエアー (Lion Air) は全く別の会社であるが日本語のカタカナでは表記が似るので紛らはしい。ライアンエアーは使用機種を限定し、一貫してボーイング737のみを所有機材としてゐる。その方がパイロットにかかる負担や整備の面で利点が多いのだと思ふ。座席はエコノミークラスしかない。近距離専用かもしれない。LCC としては安全性の高さに定評がある。主要空港はアイルランドではダブリン空港、イギリスではロンドン・スタンステッド空港である。この航空会社にも合理化の波は押し寄せて、ヨーロッパのいくつかの空港への乗り入れを制限する動きがあるらしい。僕の住む町 Nyköping には Stockholm - Skavsta 空港があって、Ryanair が乗り入れてゐるのだが、この空港は合理化の対象にならない公算が強いと今日の地方紙 Södermanlands Nyheter に出てゐた。どこかの航空会社で日本から Stockholm - Skavsta 空港への LCC 直行便が実現しないものかなと思ふ。羽田空港や成田空港は使用料が高いので、国際空港で安いところ、例へば小松空港などはヨーロッパ便LCCの基地としてなかなか良いのではないかと個人的に思ふ。

f:id:sveski:20190921221044j:plain

いつもより遅い時間の散歩。美しい夕暮れの一瞬。

 

満州事変の日

2019-09-19 (木)(令和元年己亥)<旧暦 8 月 21 日>(仏滅 己未 二黒土星)Fredrika 第 38週 第 25788 日

 

今から88年前、1931年の昨日、満州事変が勃発した。太平洋戦争といへば その始まりは 1941年12月8日の真珠湾攻撃であったと学ぶのだが、そこに至るまでの昭和初期の10年の歴史は非常に重要であると思ふ。戦争とは始めてしまったらおしまひなのだ。日本にとって満州とは何であったのか。中央の指示に背いて現場が勝手にことを起こしてしまふ、そのこと自体大変な罪であるのに、結果が勝ちいくさであれば、罰すべきところを「よくやった」と褒められてしまふ。それから勇しく扇動されて国民が戦争への道に熱狂する恐ろしさ。当時のとびきりの秀才たちが描いたビジョンは結果からみると間違ってゐた。現代でも国を引っ張る秀才やエリートたちに無批判に従って良いのかよく考へないといけないと思ふ。過去の日本がその行く末をどこで間違ひ始めたかをよく知るためにも9月18日は12月8日より重要だと思ふ。満州事変が始まったのは秋であった。移りゆく季節を感じながら、この季節に起きた出来事に思ひを馳せるのもひとつの感じ方かなと思ふ。

f:id:sveski:20190920224433j:plain

Nyköping 川の中ほどには鳥を模した様な彫刻がある

 

満州事変の日

2019-09-19 (木)(令和元年己亥)<旧暦 8 月 21 日>(仏滅 己未 二黒土星)Fredrika 第 38週 第 25788 日

 

今から88年前、1931年の昨日、満州事変が勃発した。太平洋戦争といへば その始まりは 1941年12月8日の真珠湾攻撃であったと学ぶのだが、そこに至るまでの昭和初期の10年の歴史は非常に重要であると思ふ。戦争とは始めてしまったらおしまひなのだ。日本にとって満州とは何であったのか。中央の指示に背いて現場が勝手にことを起こしてしまふ、そのこと自体大変な罪であるのに、結果が勝ちいくさであれば、罰すべきところを「よくやった」と褒められてしまふ。それから勇しく扇動されて国民が戦争への道に熱狂する恐ろしさ。当時のとびきりの秀才たちが描いたビジョンは結果からみると間違ってゐた。現代でも国を引っ張る秀才やエリートたちに無批判に従って良いのかよく考へないといけないと思ふ。過去の日本がその行く末をどこで間違ひ始めたかをよく知るためにも9月18日は12月8日より重要だと思ふ。満州事変が始まったのは秋であった。移りゆく季節を感じながら、この季節に起きた出来事に思ひを馳せるのもひとつの感じ方かなと思ふ。

f:id:sveski:20190920224433j:plain

Nyköping 川の中ほどには鳥を模した様な彫刻がある

 

Amazing Grace

2019-09-18 (水)(令和元年己亥)<旧暦 8 月 20 日>(先負 戊午 三碧木星)Orvar 第 38週 第 25787 日

 

僕らの町の映画館は最近では上映時間が原則夕方と夜のみといふ風になってゐる。土曜・日曜は休館の様である。これは全くの僕の想像だが、休日に開館すると従業員に割高な手当を出さねばならず、それに見合ふだけの観客が入らないので週末は閉館とするのかもしれない。水曜日に限って一回だけ昼間の上映がある。数週間前に高校時代の友達の日置満さんが Facebook で Once Upon a Time in Hollywood はなかなかお奨めの映画だと書いてゐたので、僕も見ようかなと思ってゐたが、この映画の昼の上映は今日の水曜日にはなかった。なるべくなら映画を見るのは昼のうちにしたかったので、別の映画 Amazing Grace を見ることにした。アメリカのバプテスト教会で歌った Aretha Franklinドキュメンタリー映画であった。時代は 1972 年、場所はロサンゼルス。同居人はキリスト者で、昔、よく Patti Page の Amazing Grace を聞いてゐた。何となくそのイメージがあったのだが、今日見た映画は Gospel として歌はれたものであり、かなりイメージが違った。結果からいふと今日の映画は僕の趣味とは違ふ気がするが、それはそれで、映画として楽しんだ。観客も半数ほども埋まってゐたから良かったと思ふ。たまにしか行かない映画館でも潰れては困るのだ。自分の住む町にやはり映画館は欲しい。映画のサブスクリプションサービス、つまり毎月定額いくらと決めて、毎月一回づつ好きな映画を見られるサービスがあっても良いかなと思ったりする。2回以上見たい人は2回目から普通料金で見る。それで潜在的映画ファンを映画館に引き寄せることにならないかなと思ふ。

f:id:sveski:20190919194504j:plain

鳥わたる 冬は今年も 寒からん

 

ノルショッピング交響楽団

2019-09-17 (火)(令和元年己亥)<旧暦 8 月 19 日>(友引 丁巳 四緑木星)Hildegard Magnhild 第 38週 第 25786 日

 

隣町ノルショッピングには交響楽団がある。1990 年代には日本人指揮者広上淳一氏が常任指揮者をつとめた時代もある。外山雄三さんも一度来られたことがある様に記憶してゐる。今日はお昼にこの交響楽団のオープンリハーサルがあったので、昨日に続いて今日も同居人と Norrköping へ行った。指揮者はロシアの Michail Jurowski で Tjajkovskij の交響曲第6番「悲愴」の公開練習を聞くことができた。目の前でファゴットや様々の楽器から音が立体的に立ち上がって、寄り合ふ様に大きな音楽の流れになる。迫力があった。ヴィオラ奏者に赤井奈々子さんがゐて、しばらくぶりであったので、練習が終はってからしばらく喫茶店で話をして家に帰った。

f:id:sveski:20190918210859j:plain

コンサート会場は Louis De Geerhallen

 

クララ・シューマン生誕200年

2019-09-16 (月)(令和元年己亥)<旧暦 8 月 18 日>(先勝 丙辰 五黄土星敬老の日 Dag Daga 第 38週 第 25785 日

 

クララ・シューマンは 1819年9月13日に生まれた。つい3日前が生誕200年であった。道理で、このところラジオの P2 を流しながら机に向かってゐると、シューマンの曲がよく出て来た筈だ。今日は、Norrköping の Crescendo でその記念のコンサートがあった。コンサートと言っても劇の様な雰囲気であった。小さなステージに俳優の Marika Strand と Christian Zell がテーブルに向って座ってゐる。テーブルには飲み物のグラスもある。ピアノを弾くのは Mats Jansson その脇でソプラノの Christina Högman が唄ふ。1840 年代、ライプツィヒシューマン家の物語を二人の俳優が交互に朗読し、時々、ソプラノの歌が入る。後半にはヨハネス・ブラームスが尋ねて来る有名な場面もあった。コンサートは、ロバート・シューマンの Kreisleriana で始まった。数あるシューマンピアノ曲の中でも僕はこれが大好きである。これまで Mats Jansson のコンサートを何度か聞きに行ったが、Kreisleriana を聞いたのはこれが初めてではないかと思ふ。感激した。もちろん、ロバート・シューマンの曲ばかりではなく、クララ・シューマンの曲もあったし、ヨハネス・ブラームスの曲もあった。ブラームスの「日曜日」や、ロバート・シューマンがクララに捧げたといふ「ミルテの花」Widmung などもあって、本当に感激した。朗読が済んでピアノに代はるところのタイミングなども絶妙で全体がひとつながりにつながる、その辺の効果もよく考へられてゐると思った。

f:id:sveski:20190918180324j:plain

朝の光の中のヨット・ハーバー Nyköping

 

ガソリンスタンドで

2019-09-15 (日)(令和元年己亥)<旧暦 8 月 17 日>(赤口 乙卯 六白金星) Sigrid Siri 第 37週 第 25784 日

 

今日も Stockholm へ行った。先日給油したばかりであるのでそんなに頻繁に給油しなくても良いかと思ったが、一度行けば走行距離 200 km ほどにはなる。帰りにふと給油して行かうかといふ気になっていつもの無人ガソリンスタンドに寄った。6つ並ぶポンプのうちの4つまでが空で販売を中止してゐた。それで残りのポンプに移動して給油した。10,19 L 給油して 154,17 クローネであった。ガソリンスタンドに在庫が無いのを見るのは初めてであった。家に帰ってニュースを見ると、サウジアラビア無人のドローン攻撃があって石油生産量が急減。これを受けて原油が値上がったと出てゐた。それでその値上がりの影響が出る前にと思って、人々が今日の日曜日、給油に走ったのかもしれない。石油の安定供給が脅かされれば景気への悪影響が全世界で大きいと思ふ。

f:id:sveski:20190916174016j:plain

風が強かった。いつもは鏡の様な水面に絶えずさざなみがたった。