ウクライナ侵攻開始から2年

2024-02-24 (土)(令和6年甲辰)<旧暦 1 月 15 日>(先負 戊午 一白水星)満月 Mattias Mats    第 8 週 第 27409 日

 

ロシア軍のウクライナ侵攻開始から2年が過ぎた。ロシアには、自国の歴史や文化を大切にしながらも、近隣諸国と仲良くやっていきたいと願ふ良識ある人も多いと思ふ。それなのに頑なな指導者の悪政のために、ロシアの良いところは世界中の人たちからどんどん忘れ去られてしまふ。非人間的な略奪や粛清はスターリン以来のロシアの伝統かもしれないが、こんな戦争を続けても、世界の人々に恨みと憎しみを残す以外に何も残らないのではないか。プーチン大統領はすみやかに戦争をやめる勇気を持って欲しい。戦争はいったん始まるとなかなかやめられないものだ。1945年、いつまでも抵抗をやめない日本に対し、アメリカは広島と長崎に原爆を落とし、戦争は終結した。戦後アメリカは自分たちを正当化するために「原爆投下は必要であった」と若い人を教育した。実際昔のアメリカ人の中には「日本は、原爆を落としてもらったから軍部が崩壊して民主的になれた。だから、君たちは原爆を落としてもらったことに感謝してゐるのではないかい」といふ途方も無い誤解をする人があったといふ。その一方で、原爆投下の愚劣さを恥じるアメリカ人も多かったと思ふ。今は原爆の恐ろしさが人々の意識から薄らいでゐる。被曝といふ凄惨な体験をした日本が、ウクライナ戦争の早期終結のために、もっと積極的に働きかけることはできないのだらうか。

町の広場で

 

ヘアカット

2024-02-23 (金)(令和6年甲辰)<旧暦 1 月 14 日>(友引 丁巳 九紫火星)天皇誕生日 Torsten Torun    第 8 週 第 27408 日

 

この頃は町へはひとりで行くことが多い。すると、同居人はずっと家に居ることになる。散歩をするといっても家の周りを散歩するだけになる。これはあまりよくないかもしれない。「ヘアカットに行きたい」といふので、今日は一緒に自動車で町へ出かけた。自動車を停めて町を歩けば、同居人は珍しいものでも見る様にその風景にいちいち感動する。ヘアカットの間、僕は心配なので「近くで待ってるよ」と言ったのだが、「自分でできるから貴方はプールに行きなさい」と不機嫌である。あまり構ひすぎるのも良くないかと思って、言はれるままに、僕だけひとりでプールに行った。そして短時間だけ泳いだ。その後で町に戻ってまた会ふことができた。無事にヘアカットを済ませた様である。安心して一緒に家に帰った。

Nyköping 川はこの1週間ほど水量が多い。水位も上がって、近づくと怖い。

 

号外が出るほどの経済ニュース

2024-02-22 (木)(令和6年甲辰)<旧暦 1 月 13 日>(先勝 丙辰 八白土星) Pia    第 8 週 第 27407 日

 

日本経済新聞の号外が僕の iPhone にも届いた。「日経平均最高値」とある。今日の終値が 39 098 円を記録し、史上最高値を更新したとのことである。これまでの最高値は1989年の年末のことであったので、34年越しのことであるといふ。失はれた30年といふ言葉を聞くこともあるが、僕はこの34年のことをふっと思ってしまった。それは個人としてはそのまま、スウェーデンに越してきてからの年月でもある。最近日本はGDPも4位に転落したとか聞くが、あまりその様な数字に惑はされない方が良いと思ふ。もはや従来の様な成長路線の上に人類の繁栄はないことを、世界に先駆けて日本は発信しなくてはいけないと思ふ。今、世界の国々はウクライナパレスチナに戦争があることで経済が潤ってゐる様に感じられる。また、船はスエズ運河を通れないし、飛行機はロシア上空を飛べない。さらに、状況はよくわからないが、中国には恒大集団の債務問題がある様にも聞いてゐる。今年はスーパー選挙の年。日本の夏は今年も暑くなるだらう。明日はどうなるか誰にもわからない。数字に一喜一憂せずに、日本は着実な歩みをしないといけないと思ふ。過去30年は言れるほどには失はれてなかったのではないか。

雪はほぼ解けた。

 

世界と自分

2024-02-21 (水)(令和6年甲辰)<旧暦 1 月 12 日>(赤口 乙卯 七赤金星) Hilding    第 8 週 第 27406 日

 

自分がこの世に生まれてくる前から、厳然としてこの世はあった。であるから、自分がこの世から去った後にも厳然としてこの世はあるであらう。普通はさう考へるものだ。だが一方で、本人が何かを観察するまでは何もないといふ考へ方もある。山も川も森も湖も月も星も、それがそこにあると思ふのは、君がそれを観察したからであると。これは古いギリシャの哲学者プラトンが言った「洞窟の比喩」とどこか通じるものがある気がする。今まで自分がここにあると思ってゐたものは、実は洞窟の壁に映し出された影にすぎないと。真実は僕たちが認識するものとは別なところにあると。デカルトは「我思ふゆえに我あり」と言った。この言葉は日本語にされた時に詩的にでき過ぎて、詩情に訴へるきらひがある。意味ははづれるが、この言葉になぞらへて言へば「我見るゆえに世界あり」とも言へるのではないか。「異常気象も戦争も災害もない、もっと良い社会に住みたい」と思ったら、まづ自分自身を変へないといけない。流れ去る時の流れのその刹那は、常にもとへは戻れない新たな世界への分岐点であると思ふ。どんな世界を選ぶかは自分が決めることだ。

気温は5℃に上がって、雪は随分解けた。

 

Sportlov

2024-02-20 (火)(令和6年甲辰)<旧暦 1 月 11 日>(大安 甲寅 六白金星) Vivianne    第 8 週 第 27405 日

 

スウェーデンではクリスマスが大きな休暇であるので、お正月は元旦だけが休みである。1月2日からは会社も学校も普通に始まる。すると1月は結構長く感じられ、春の復活祭まで大きな休暇がない。そのためかどうかは知らないが、小中学校では2月に1週間の休みが設けられてゐる。それを sportlov といふが、vinterlov または februarilov と呼ばれることもある。全国一斉に休みにするとスキー場など混雑する恐れもあるからか、地域ごとに休みをずらしてある。たとへば、今年の場合は、Göteborg は先週、Malmö は今週、Stockholm は来週が sportlov にあてられてゐる。僕の住む地域は今週が休みである。昨日はプールへ行くことができたが、やはり休みの影響といふものか、いつもより少し混んでゐる気がした。sportlov は春の季語である。

木々も春を待ってゐる。

 

ONIGIRI

2024-02-19 (月)(令和6年甲辰)<旧暦 1 月 10 日>(仏滅 癸丑 五黄土星)雨水 Gabriella Ella    第 8 週 第 27404 日

 

日本経済新聞夕刊に、「ONIGIRI 海を渡る」と出てゐた。コンビニなどで定番の「おにぎり」が世界各地で人気が高まってゐるといふ。素晴らしいことである。スウェーデンにはお寿司屋さんはたくさんあるが、おにぎり屋さんは見たことがない。それでも営業を始めればきっとヒットするだらうと思ふ。親戚などが集まるときに、僕はおにぎりと卵焼きを作って持って行ったことがある。その時は皆さんに割と好評だった。僕はおにぎりに「ふりかけ」や「ゆかり」をまぶすのはあまり好きではない。おにぎりのごはんはどこまでも白いままであって欲しい。塩で味付けされたおにぎりは本当に美味しいものだ。梅干しが中央に露出したおにぎりを見かけることもある。あれも良くない。梅干しはご飯の内側にそっと包まれて、食べてみて初めてそれとわかるのが良い。ここで困るのは我が孫だ。どうにも梅干しは苦手らしい。わざわざ外して別に置いてしまふので、僕はおにぎりを作る時、梅干しありのものとなしのものを2種類用意して、外にまく海苔に刻みのあるなしでそのどちらであるかが分かるようにしてゐる。海苔も大抵の人は受け入れてくれるのだが、昔、職場に海苔が嫌ひな人がゐた。食べたのはあられであったが、あられに巻かれてある海苔を見て、「日本人はどうしてこんな黒いものを外側に巻くのか全くそのココロがわからん」と言ってゐた人があった。でも、大抵の人は海苔の貴重さをわかってくれる。そのうちに日本でも海苔が取れなくなるのではないかと密かに心配してゐる。

今日は写真を撮るのを忘れたので、昨日の写真から

 

訃報ふたつ

2024-02-18 (日)(令和6年甲辰)<旧暦 1 月 9 日>(先負 壬子 四緑木星) Frida Fritiof    第 7 週 第 27403 日

 

小澤征爾氏が今月はじめに亡くなられて、新聞などで追悼記事をよく見かける。今日同居人とStockholm の娘のところへ行ったら、台所のテーブルに Dagens Nyheter の日曜版が置いてあったので、パラパラとめくってみた。すると、文化の欄であったか、小澤征爾氏の大きな写真の載ったページがあって、氏の経歴や業績などが記されてあった。スウェーデンの新聞でも追悼記事になったのである。小澤氏の魅力は人間的なものが大きいと思ふ。音楽を生業とする人でなくても学ぶことはたくさんあると思ふ。人の魂は目には見えないものだが、その目に見えない魂をまっすぐに前に出して話をされる様なところがある。また Dagens Nyheter の日曜版では、裏千家淡交会 Stockholm の Duke 叡子さんの訃報も見た。この方には以前お世話になったことがある。併せて合掌します。

海にはまだ氷が見える