夏の思ひ出

2019-06-23 (日)(令和元年己亥)<旧暦 5 月 21 日>(先勝 辛卯 九紫火星)Adolf Alice Den heliga Johannes döparens dag 第 25週 第 25700 日

 

子供の頃は夏とは7月8月だと思ってゐた。小中学生にとって夏休みが来なければ夏は始まらないといふ思ひ込みがあったからかもしれない。梅雨が明けてこそ初めて夏だと思ふ気持ちもあった。スウェーデンに来てからは6月7月が夏になった。こちらの小中学校は6月から夏休みになることとも関係するかしれないが、感覚的に夏は日本よりひと月早く来る。でも、夏至を過ぎると、まだ6月なのに、ピークを過ぎたなと、ややさみしい気持ちになるものだ。これからまた次第に日が短くなって行くのかといふ思ひである。6月のこの感じは日本に居た時はなかった。日本ではこれからが暑さの本番である。あの夏の暑さが僕は好きだった。家にクーラーなど無い時代であったから、その分だけ外気温は低かったかとも思ふ。日本ではこれからがピークだと思ふ時、こちらでは既に頂点を過ぎたと感じる、、、。昔のことを思ひ起こしながらも、移り行く時をそのままに愛でたいと思ふ。

 

f:id:sveski:20190624210054j:plain

シャクヤクが済んだら牡丹が咲いた

 

夏至

2019-06-22 (土)(令和元年己亥)<旧暦 5 月 20 日>(赤口 庚寅 一白水星)夏至 Paulina Paula Midsommardagen 🇸🇪 第 25週 第 25699 日

 

地球は太陽の周りを回ってゐる。ごく当たり前のことだが何億年も休まず同じことを繰り返してゐると聞くと不思議にも思ふ。もし太陽と地球の全体をスッポリと見下ろすことができるほどの場所に立てば、地球は米粒のように小さくてどこにあるのか分からないほどだ。もし人が現実にそんな視座を得たならば、自分の抱へる悩みや苦しみも相対化されるのではないかと思ふこともある。それほどにちっぽけな地球であるが、自転軸がわづかに傾いてゐるために四季がある。今日は北半球で太陽が一番高い所に来る日だ。日本は緯度が低いので太陽が南中すれば随分と高いところまで行くが、それでも天頂にまでは届かない。もっと南の国へ行けば頭のてっぺんに太陽が来る。それが北回帰線で、台湾や香港のあるあたりの緯度になる。ちなみに北回帰線は英語では Tropic of Cancer、スウェーデン語では Kräftans vändkrets といふ。Cancer は蟹座で蟹座回帰線。ついでに南回帰線は英語では Tropic of Capricorn、スウェーデン語では Stenbockens vändkrets。こちらは山羊座回帰線。Tropic といふと熱帯を連想するが、それは、このふたつの回帰線 Tropics に挟まれた地域が熱帯であるからさうなった。ヘンリー・ミラーの著作に同名の小説がある。それよりずっと高緯度にあるスウェーデンでは太陽は南中しても高度は低い。低いと言っても感覚的には高い空まで昇ってくれる。回転軸が起き上がった角度で北極星はてっぺん近くを指すので、北寄りに移ってくれた太陽は夕方になってもなかなか日が沈まない。スウェーデンでももっと北に行くと、軸はさらに立ち上がってついに日没しない場所がある。それが北極圏である。その境界線は北極線と呼ばれ、これもついでに書くと英語で Arctic Circle、スウェーデン語で norra polcirkeln。また、南極線の方は英語で Atlantic Circle、スウェーデン語で Södra polcirkeln。以上は今日勉強したてのことを書いたが、これらの単語がなかなか覚えられない。明日はきっと忘れる。

 

f:id:sveski:20190623185502j:plain

夕方だけど夏空。

 

Midsommarafton

2019-06-21 (金)(令和元年己亥)<旧暦 5 月 19 日>(大安 己丑 二黒土星)Alf Alvar Midsommarafton Sommarsolståndet 第 25週 第 25698 日

 

Midsommarafton で 娘婿の両親の家に招かれて行った。「娘婿の両親」をひと言で表現する言ひ方があったら便利なのだが思ひ浮かばない。普通には「向かうの両親」でわかるのかも。でも、それもひと言ではない。スウェーデン語では結婚した相手の両親は svärföräldrar といふ。祖父母は英語では grandparents であるが、スウェーデン語では父方の祖父母を farföräldrar、母方の祖父母を morföräldrar と別の言葉でよぶ。同居人と僕との間には娘ひとりあるだけだが、娘婿には姉があり、イギリス人(Brexit で国籍を変更したかもしれないが)と結婚して割と近くに住み二人の子がある。。その二人の子はパパとは英語で話し、他の人とはスウェーデン語で話す。その切替にいささかのためらひもない。そのパパの kindle をちょっと見せてもらったら、夏目漱石の「坑夫」を英語で読んでゐたのでビックリ。で、今日はうちの孫と合はせて全員が呼ばれて楽しい一日を過ごした。ちょっとしたクイズやゲームもあった。例へばソフトボールくらいの大きさの重い球を手に持ってみて何グラムか言ひ当てる。庭の芝生で、手持ちのボールを目標のボールに一番近くまで転がせるのは誰かを競ふ。いづれも単純な遊びだが結構面白かった。心づくしのスウェーデンのお料理も出て、デザートやフィーカも美味しかった。

f:id:sveski:20190622200420j:plain

夏至の太陽と光る湖

 

忍耐の報酬

2019-06-20 (木)(令和元年己亥)<旧暦 5 月 18 日>(仏滅 戊子 三碧木星)Linda 第 25週 第 25697 日

 

この頃、カッとなってキレる人が多い様に思ふ。あふり運転もさうだし、いきなり警官を襲って斬りかかる人間も心に怒りをためてゐるからではないかと思ふ。何だかみんな急いでゐる。周囲の人が心の何処かに怒りをフツフツと滾らせながら世の中で生活してゐると思ふと恐い。年齢とどの様に関連するのかは分からないが、若者ばかりでなく老人もまたキレることがある。かくいふ僕自身もキレやすいところを色々な方法でこらえてゐる。人生は忍耐、忍耐、また忍耐。はたから見れば穏やかにしか見えない人でも、いや、そんな人ほど、人知れぬ忍耐を腹の中に隠し持ってゐることはありうる。相手が親しくない他人であれば怒りが爆発しやすい。直接対面しない相手であれば暴言を書き込んで無責任にネット上に発信しやすい。それを読む人は深く傷ついて怒りや哀しみは社会に蔓延する。これはネット社会の負の面である。カッとなったら6秒待てといふ人もある。その間に相手への敬意をチラッと思ひおこすことも大事と思ふ。僕はこの時「一切衆生悉有仏性」と唱へる様に心がける。でもこの様な忍耐に耐えられなくて他人とかかはるのはいやだといふ人も出てくる。そして彼らは部屋に引きこもる様になる。ひとりで生きるのは寂しいといふ人もあるが、誤解を恐れずにいへば、ひとりで生きることほど気楽なことはない。ひとりで生きるのはきっと居心地が良いのだ。多くの人たちが引きこもるのはその居心地の良さのゆえではないか。でもずっと引きこもってゐてはそのツケはやがて自分に返って来る。人は何のために忍耐するのか、その先にどんな報酬があるのか、忍耐した人にしか分からない。徳川家康は400年前「怒りは敵と思へ」と言った。必ずしも現代特有の課題ではないとも思ふ。

 

f:id:sveski:20190621144235j:plain

墓地側から見た Alla Helgona kyrka

 

乾燥の夏ー今日は少し雨が降った

2019-06-19 (水)(令和元年己亥)<旧暦 5 月 17 日>(先負 丁亥 四緑木星)Germund Görel 第 25週 第 25696 日

 

今日の午後は少しの雨が降った。スウェーデン中が乾燥してゐるので、少しでも雨が降ってくれればありがたい。焚き火やバーベキューなど、外で火を使ふことは禁止されてゐる。去年の夏はスウェーデンの広い範囲で森林火災に悩まされたが、今年もやはり火事が多い様である。先週は Stockholm Arlanda 空港近くが火事になり、飛行機の発着が危ぶまれることもあった。が、主にもっと南の方に火事が多い様である。人工衛星による森林火事監視もなされてゐるが、Copernics といふ名の人工衛星スウェーデン本土上空を通過する周期が3日と長いこともあり、それだけに頼ったのではきめ細かい状況把握は難しいとのこと。他の人工衛星を利用した、欧州宇宙機関 ESANASA の出す公開情報に基づいて、1時間ごとの状況把握ができる様にするシステムの研究が KTH で進められてゐることをだいぶ前に新聞で読んだ。

 

f:id:sveski:20190620165600j:plain

家の脇の砂遊び場。雨はほんの少しだけだった。

 

村上市で震度6強

2019-06-18 (火)(令和元年己亥)<旧暦 5 月 16 日>(友引 丙戌 五黄土星)Björn Bjarne 第 25週 第 25695 日

 

日本でまた地震のニュースを見たのは今日の午後3時半ごろである。日本時刻では夜の10時半にもなってゐた。地震といへば太平洋側ばかり注目してゐたが、今回は日本海側の山形県沖で起きた。M6.7。それに続く5時間の間に、16 回、体に感じる地震が起きてゐる。弱い津波も観測された様である。後発地震もあるかしれないのでしばらくは心配である。日本海側で起きた地震を復習してみると、1964 年に新潟地震ー僕は高校1年生で数学の授業の最中に教室が静かに揺れたのを覚えてゐる。1983 年に日本海中部地震、1993 年に北海道南西沖地震。2007 年能登半島地震中越沖地震ーこの時柏崎刈羽原発も大きな被害を受けた。日本海側だけを見ても大地震の起きる間隔が次第に短くなって来てゐる。1995 年に阪神大震災があった時、これだけ大きな地震が起きればあと100 年ほどは日本に大地震はないだろうと僕は密かに思ったのだが、現実はそれどころではなくて、2011 年にはそれを遥かに上回る東日本大震災が起きてしまった。それ以外にも、熊本や大阪などに地震があって日本中が揺れる感じがある。また、世界のあちこちの火山爆発のニュースも無関心では居られない。将来は南海トラフ地震を予想する専門家も多い。日本に住む人はグラッと来るたびに、現地の人はもちろん、ニュースを見るだけの人もヒヤヒヤであると思ふ。ひどい揺れを体験すると、恐ろしさのあまり、心に後遺症が残ることもあるといふ。どうぞ、これ以上の揺れが来ませんように。

 

f:id:sveski:20190619191718j:plain

これから散歩の時、家の前で空を見上げる。

 

Duolingo はゲームだ。目指せ十傑入り

2019-06-17 (月)(令和元年己亥)<旧暦 5 月 15 日>(先勝 乙酉 六白金星)満月 Torborg Torvald Islands nationaldag 第 25週 第 25694 日

 

6月2日のブログで Duolingo のことを書いたが、コンピュータ上で僕はこの頃毎日スウェーデン語の勉強をしてゐる。あの記事を書いた後、 Bronze League から Silver League に昇格。更に今日、Gold League に昇格した。毎月曜日になると、得点は一旦リセットされて XP の値はゼロから出発する様である。以前は毎日1セッションか 2 セッションで勉強をやめたのだが、この頃、セッションが終はるたびに自分の順位が表示されるので、ベストテンに入るところまでセッションをいくつかこなす様になった。ただし、今日、ベストテンに入っても明日は外へはじき出される。更に何もせずに数日おくと、多分、Silver League に格下げされる。なので、毎日ベストテン入りを目標に勉強する様になった。いつまで続くか分からないが、これは確かにゲーム感覚を取り入れた面白い方法であると思ふ。小中学生の勉強もこれからは新しい方法がどんどん取り入れられるかもしれないとも思った。

 

f:id:sveski:20190618185443j:plain

今日は同居人が町で撮ってくれた写真を載せた。