お灸

2022-11-22 (火)(令和4年壬寅)<旧暦 10 月 29 日>(友引 己卯 九紫火星)小雪 Cecillia Sissela 第 47 週 第 26950 日

 

お灸をするのを長いこと休んでゐたのだが、この頃、またする様になった。本来お灸といふのは、裸になって寝た姿勢ですべきものかもしれないのだが、僕の場合は背中にはすえないので、自分ひとりで衣服をつけたまま椅子に座ってすえる。ひとつひとつのお灸の底は軽くくっつくようにできてゐるのだが、鎖骨の上あたりにすえると、しばらくするうちに、ポロリと外れて落ちることがあり、その火で下着に穴を開けてしまったこともある。これを防ぐには質の良いお灸を買はないといけない。むろん、スウェーデンにはお灸は売ってない(と思ふ)ので、日本に行った時に買って持ってくるのである。お灸をすえた後は身体も暖まったようになり、ちょっと気持ちが良くなる。朝起きてから活動を始めるまでの時間は何もやる気がしないのだが、そんな時間はお灸をするにはもってこいかもしれない。効果があるのかどうかは科学的にはわからない。でも僕は効果があるような気がしてゐる。お灸の時間は何もせずにただその煙を見つめる。それもまた幸せな時間である。

さくらんぼのような小さな赤い実が雪に映えると美しい