プールに通ふ日々

2022-04-29 (金)(令和4年壬寅)<旧暦 3 月 29 日>(先勝 壬子 一白水星)昭和の日 Tyko 第 17 週 第 26749 日

 

まだ空気は冷たいが北欧でもようやく春らしい良い季節になってきた。その天気に誘われるように今週は月曜日から金曜日まで毎日プールに行くことができた。こんな週は珍しい。そのうち4日は自転車で行った。と言っても、町まで自転車で行って、そこに自転車を停めて、後は歩くのである。歩きの距離は片道1キロメートルと少しあって、長い坂道もある。緩やかな坂道だが歩けばやはり運動になる。水泳の後にサウナに入るのも楽しみである。僕が行く時間帯はプールは大抵すいてゐて、マイペースで楽に泳ぐことができる。腕をいっぱいにのばすことができて気持ちが良い。日本のプールでは他の人の邪魔にならないように円運動の半径を縮めて泳いだものだが、こちらでは思い切り手足を伸ばすことができるのがありがたい。今ではもう、若かった時ほどたくさん泳ぐことはできないが、少しでも泳ぐことができれば気分も良くなる。早く外のプールが開いてくれないかなと思ふ。外のプールは50メートルある。ウクライナでは戦争で命がけで苦しんでゐる人があるのにこんな贅沢をさせてもらって申し訳ないとも思ふ。

Stockholmsvägen の坂の上から Nyköping 市を望む。中央は S:t Nicolai 教会